逆境は人生のターニングポイント

スポンサーリンク

立つ

人生最大のピンチと思われることが、その人を結果的に救うということが少なくない。

ターニングポイントは、さまざまな仕方でやってくる。

破産や挫折ですべてを失う経験も転機となり得るが、自分を支えてくれていた者の病気や死が、きっかけとなることもある。

岡田尊司

人生が変わってしまうターニングポイント、それはピンチのとき、逆境のときにやってくる。

受験の失敗、就職の失敗、心がボコボコになってしまう失恋、家族や友人との別れ。

「もう辛くてどうにかなってしまいそうだ」

「このまま立ち上がれそうにない」

そんな逆境のときこそ、人生が変わるベストタイミングだ。

スポンサーリンク

逆境はすべてがより良く変わる過渡期

追い詰められ、心身ともに疲れきってくたびれ果て、「打つ手なし」とどうしようもなくなったときは、ある意味安心だ。

もうそれ以上、状況が悪くなることはない。そこが一からやり直し、新しい自分を見つけていけばいい。

そこが始まり。失われてしまったものに目を向けていく。そうすれば必ず、新しいスタート、新しいチャンスがあることに気がつく。

どん底になったからといって、人生にボコボコにされたからといって、人生、諦める必要はないのだ。

逆境で自分をレベルアップ&リニューアル

ピンチがやってきたときはむしろ、「自分を変える、人生を変えるターニングポイントがやってきた」と思えばいい。

いろいろ失うものもあるかもしれないが、自分自身にこう問いたい。

「今、このピンチから得られるものは何か?」と。

そうすれば、失うもの以上に、新しい得られる何かがあることに気がつく。そしてその気づきに従い、新しい何かを自分のものにし、自分を変えていく。

これが人生で逆境がやって来たときの、正しい、かつ意味のある付き合い方である。

出典

『生きるための哲学』(河出文庫、2016年)

あわせて読みたい

逆境は自分を変えるチャンス。自分を変えれば現実も変わる!

逆境のときこそ今やるべきことを淡々とやっていく理由

ほんの小さな光さえ見えれば、どんな逆境も乗り越えられる