自分を見つめ直す場所を探しているあなたが知っておきたいこと

旅する女性

「自分の人生、このままでいいのか。他の生き方があるのではないだろうか・・・」

人生ではそんな転機がやって来る。

そういうときは、じっくり自分を見つめ直すタイミング。ここで気づいたことが、その後の人生の進路を決めることになる。

では、自分を見つめ直したくなったときはどこでどうやって自分を見つめ直せばいいのか?

この記事では、自分を見つめ直したいときに行きたい場所やしたいことについて書いていく。

スポンサーリンク

はじめに

まずはじめに、自分を見つめ直したくなったときは、むやみに人に会いにいかない方がいい。

友だちに相談したり、セミナーに参加して人の意見を聞いたり、基本的にそういうことはしない方がいい。

それよりもむしろ、人と少し距離を置いて、自分が一人になれることが重要である。

そのため、どこか知らぬ土地へ旅に出て、数日間は一人でホテルで休み、そこで自分の人生を棚卸ししていく。

できれば観光地ではなく、静かで穏やかな土地がいいが、ポイントは、普段とは違う環境で、自分の今までの人生を振り返ることである。

普段の生活から距離が置ける場所に行くからこそ、自分の人生を客観的に振り返ることができる。そこで、

「今までの人生、自分のここがダメだった」とか、「これからこうすればこんな人生がやって来るかもしれない」とか、様々な気づきが得られる。

自分一人でじっくり自分のこれからを考える。それが肝心だ。

だからこそ、ここはあえて孤独になり、普段の自分の暮らしとは違う場所に行き、そこでじっくり自分の人生を振り返るのだ。

そうすることで始めて、見えてくるもの、気づくこと、学ぶこと、たくさんの収穫を得ることができる。

ベストタイミングを逃さないために

人生、適切なタイミングで自分を見つめ直すことには意味がある。

筆者も30歳になったばかりの頃、自分の人生がボロボロになっていることに嫌気が指し、自分を見つめ直すために長野県に旅に出た。

そこで自分の人生で何が足りないのか、どうすれば満足できる人生を生きることができるのかを考えた。そして、自分が進むべき方向について考えた。

その結果、今100%完璧とは言うことはできないが、自分らしい働き方、自分らしい暮らし方を見つけることができた。

この意味で、まさしく自分を見つめ直したあのときが、筆者の人生の転機となった。だから、自分を見つめ直したくなったときは、その絶好のタイミングなのだ。

ここで得られる気づきが今後のあなたの人生を変えるきっかけになる可能性は大いにある。

環境が許すなら、最低3日、できれば5日から7日間、普段のあなたが行かない場所へ旅に出て、同じ場所に滞在し、独りでじっくり自分の内面を見つめてみよう。

普段のあなたの人生を振り返ってみよう。そこで湧き上がってきた考えが、あなたのこれからの道を示すヒントになる。

今までの暮らしはどうだったのか?今何が不満なのか?どうなれば人生はより良くなるのか?自分らしい生き方とは何なのか?

じっくり考えてみよう。

最後に

人生悩むときは、悩むべき理由がある。

そして悩みに向き合い、答えを出していくことが、そのタイミングで絶対に意味があることである。答えが見つかれば、それを目指して前へ進んでいけばいい。

そうして人生は変わっていく。

普段の暮らしの中、自分を見つめることは少ない。日々の出来事に流されて、つい自分が置き去りにされてしまう。

しかし、絶対に自分を置き去りにしてはいけないタイミングが、自分を見つめ直したくなったときだ。

本質的に、自分は自分の進む方向を知っている。どうすれば自分の人生が完遂するか、分かっている。適切なタイミングで自分を見つめ直すことが、それを知る手がかりとなる。

「最近悩むことが多い。今の人生このままでいいのか、今のままでは自分の人生がダメになってしまうかもしれない」

と悩んでいる方は、今が自分を見つめ直すベストタイミングかもしれない。参考にして欲しい。

あわせて読みたい

人生はいつでもやり直せる。本気でやり直す気さえあるならば

生きるに値する人生を生きる。それがこの世に生まれた意味

新しい自分にはなれる。これさえ忘れなければ