自己投資とは未来の不安を解消する最も確実な方法の1つである。

コツコツ学ぶ人

人生に絶対はない。

「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず」と昔から言われるように、すべての物事は移りゆく。

どれだけ「これさえあれば安心できる!」という何かを手に入れたとしても。どれだけ安心できる環境に身を置くことができたとしても。今目の前の現実が「私はなんて幸せなの?」と喜びの絶頂にあったとしても。

人生一寸先は闇。その先何が起こるか分からない。この意味で、人生この先どうなるか。不安を感じることは極めて自然な感覚である。

とはいえあなたは、将来の不安に覚えてばかりの人生を送ることはきっと不本意かもしれない。それなら1つ、将来に少しでも安心できる方法があることを、知っておいて損はない。

それは何か?ズバリ、あなた自身が安心できる人になることである。

スポンサーリンク

お金で「安心」は手に入る?

人生の安定といえば真っ先に思いつくのがお金である。

例えば、あなたが今すぐ宝くじを購入し、そこで奇跡あり。なんと6億円の大金があなたの口座に振り込まれたとする。

あなたは1億円で家を買い、1千万でベンツを買い、国保その他の税金を支払う日々を送ったとしても、無職無収入で暮らしていけるだけの収入がある。

さぁ、あなたは未来に安心できるか?

いや、きっとあなたはまだ、不安を感じるだろう。なぜなら、「お金は使ったらなくなってしまうものだから」である。

いくら大金が口座にあろうとも。それは日々、減っていく。そんな状況なのに、安心することなど、決してできないのである。

未来で安心するために絶対必要なもの

私はあなたに「お金を投資しろ!」とかそういう話をしたいのではない。なぜなら、お金以上に、もっと信頼できるものがある。

それは何か?それはあなた自身である。

もしあなたが今すぐ仕事を失っても。不運が起きて銀行口座の貯金が尽きても。今すぐ仕事を見つける力があれば、そんなことは何の問題でもない。

しかし、いくら現在引退できるほどの貯金があったとしても、「このお金がなくなってしまえば・・・」という状況になれば、決して心の平和は手に入らない。

この意味で本当の意味での安定を手に入れるために大切なこと。

それは、どんな状況になろうとも、力強く柔軟に生きていけるあなたになることである。真の安定があるとすれば、まさにそれが答えである。

自分に投資する意味

環境の変化に適応し、時代がどう動こうとも生きていけるあなたになる。詐欺にあって持ち金を失おうとも。仕事を失い収入源を絶たれたとしても。

そこからカムバックできる自分であれば、全ての不運など、所詮途中経過にすぎない。つまりその後めでたしめでたしを迎えることは現実問題、可能である。

しかし。あなたが不運に打ち勝つあなたでなければ。その後の人生で、不運を嘆く日々を送るしか道はなくなってしまう。

だからこそ大切なのはいつでもどこでもあなた自身。何が起ころうと適応し、成長できるあなたになることである。

そのために必要なのが自己投資。そう、あなたがあなた自身に投資することである。

効果は一生継続する!

自己投資とは自己成長のためのお金を使う行為である。それは教育や能力、体験、人脈と多岐に渡る。

それは今すぐ目に見える効果を発揮しない。しかし、1年。3年。5年。そして10年。時間が経てば経つほどに、その効果は目に見えて発揮される。

世の中それが顕著である。

すなわち、自分にお金を使って自分を磨き、高めてきた人。自分にお金を使わず、自分を磨かなかった人。その差は時間が経てば経つほどに、劇的な差となり、目に見える結果になる。

この意味で、もしあなたが本当に安心できる未来をつかみ取りたいなら。株や不動産などにお金を使うのではなく、どんな状況でも生きているあなたになるために、お金を使うことが大切である。

なぜなら、あなたは決してあなたを裏切らない。人生最初から最後までずっと、一緒にいてくれる唯一の人だからである。

自己投資は「今できる範囲」で+「コツコツ」続ける

自己投資の鉄則は、「今できる範囲」のことをコツコツ続けていくことである。

例えば、今あなたが毎月自分に投資できるお金が1万円だったとする。それなら、その1万円の範囲で、あなたが必要な何かに投資するのである。

本でも美容でも、できる範囲でいいのである。あなたが将来もっと安心して暮らしていけるために、今あなたができることは何だろう?それを考えて、行動を起こすのである。

その小さな行動を始めることこそが実は、運命を変えることでもある。

「運命」というとあなたは大げさに感じるかもしれない。でも実際、運命が変わるのは、ある本を読んだとか、ある人と再会したとか、本当に小さな行動が起点になっていることが少なくない。

なので、どんな小さいことでもいい。「自分に投資をする」という第一歩を、1にも2にも、今すぐ踏み出すことである。

最後に

人生どこでどうなるかは分からない。現実問題、起こることを予想して、すべての不幸を事前に予防することなど、不可能な話である。

だからこそ大切なのは、何が起こっても、それに対処できる自分になることである。そうなれば、仕事を失おうが、不運によって望まない現実がやって来ようと、「何とかなる」と心から信じることができる。

そう、この自分への信頼感こそ、本当の意味での安心感である。すなわち、不安を克服し、未来の不安に人生を脅かされない日々を送るために必要不可欠なものである。

それを手に入れることはできる。あなたが自分に投資することによって。

あわせて読みたい

コスパ最強の自己投資法。それこそが「読書」

自己投資は身ゼニを切る。タダでは何も得られないから

お金は自分の人生を豊かにするために使うものである。