なぜ「最悪のとき」に人生が決定的に変わるのか?

受け身女子

水野、今いる場所から抜け出したいとき、その方法は2つしかない。

自分を高め、一段上の社会的ステータスを得るか、あるいは社会からドロップアウトして、より日陰で惨めな生活に身を貶していくのか。

お前はどっちだ。

桜木建二

人生が決定的に変わるのはいつも不幸なときである。

「今いる場所から抜け出したい」

「今の自分は本当の自分ではない」

「こんな惨めな暮らしはもううんざりだ」

こんな不幸な現実が、人生を変える扉を開いてくれる。

そう、不満がある限り、人生はいつでも逆転できる。

「こんなはずじゃない」

という反骨心がある限りは、現実を変えていくことができる。つまり、不満はそれを変えられるサインである。

スポンサーリンク

我慢できない不満の本質

今の現実が気に食わないということは、自分がそれを変える力を持っているという証である。

自分で変えられるからこそ、不満なのだ。そのことに気づいた瞬間、人生は変わる。あとは自分次第だ。

そう、この先には2つの道がある。

いつまでも不満たらたら。自分で何かを変えようとせずに、ただ文句ばかり言っているか。

それとも、不満を変えようと自分から動き出し、文字通り現実を変えていくか。道は2つに一つだ。そのどちらでも選ぶことはできる。

あなたは、どちらの道を選ぶだろうか?

最悪こそ人生を変えるティッピングポイント!

「もうこれ以上、この最悪な現実に我慢ならない!」

人生、そんな最悪を味わった人は強い。

不満を行動のエネルギーに変えて、後ろを振り返らずに前へ進んでいくことができる。なぜなら、後ろを向いても、最悪しか待っていないからである。

最悪に甘んじる人生を送るくらいなら、もう行動するしかない。だから必死で頑張れる。言い訳もなにもない。ただ行動あるのみで、ひたすら前進することができる。だから実際に、人生を変えることができる。

この意味で、「もうこんな人生はクソくらえ!」と底の底まで落ちた瞬間。人生はまさに、そこから上向いていくのである。

最後に

人生を変えたいのに変えられない。

そんなときは、表面はどうであれ本音の部分で、本当に人生を変えたいなどとは思っていないのである。だから人生を変える行動を起こさずに、現状維持に甘んじる。

しかし、「もうこんな最悪な人生はごめんだ!」と心の底からうんざりしたとき。本音の部分が明らかに変わりだす。

この瞬間こそ、人生が変わる瞬間である。

だからもうこれ以上ないほどのどん底や惨めさに膝を屈したとき。人生を変える権利を手に入れたも同然である。あとはただ、行動あるのみである。

出典

『ドラマ ドラゴン桜』(TBS、2005年)

あわせて読みたい

逆境はただ自分を苦しめるためにやって来るのではない。それどころかむしろ

「どん底を味わったことがある」という人生最大の強み

大切なのは心構え。これが人生がぐらつかない考え方