人生

人生は何かを失い続ける過程。それでも必ず生きる意味は

映画『四月の永い夢』風間沓子の名言より。人生は何かを得て足し続けるものではなく、逆に何かを失い続ける過程である。しかしそれは人生が無意味であることを意味しない。
ヒント

人生が変わる前に起こる3つの予兆

人生には変わっていくタイミングがある。その変化はある日突然起こるのではなく、このような前兆がある。それに気づいたら心の準備をしておくことである。

何があっても自分の運命を見捨てない。それだけで未来はやがて

名著『バビロンの大富豪』の名言より。人生はいつどこで、どうなるかは分からない。かりに不運のどん底に落ちてしまったとしてもそれが実は、幸運の始まりなのかもしれない。
自己実現

人生を変えるにはまず何かを「始める」よりまず「やめる」

人生にはやるべきこととやるべきでないことがある。行動の断捨離をすることで、マイナスをゼロにして、プラスを重ねていくことができる。
ヒント

自分の人生を台無しにしてしまわないための教訓

私たちは与えられた環境を恨み、周囲や社会に敵対心を持つこともできる。一方でそれがどんな環境であろうとも、そこから何かをつかみとり、前向きに生きていくことはできる。それは個人のチョイスである。
人生

自分が何者であるのかを決めるのは自分しかない話

自分が何者なのかを決めるのは他ならぬ自分。なぜならこの世界に生きる自分は、こうやって変えていくことができるから。
向上心

「当たり前」のことを徹底する。それだけで周囲から頭一つ抜けられる

凡事徹底。今の時代に人から評価されるために特別な自分を目指す必要はない。当たり前のことをちゃんとやれる人になるだけで「この人は信用できる」と評価されるから。
一般論

小さな行動を見ればその人の人間性が分かる話

この人は信頼できる人なのか?そう思ったら普段のこんな小さな行動をチェック。そこからその人の人間性を調べることができるから。
人生論

なぜそれをやる気にならないのか?やる意味がないことだから

「やる気」という感情は人生で大切なことを見抜くヒント。わざわざ行動するためにやる気が必要なことをやる必要はない。
在り方

「他人が気になって仕方がない」を解決する方法

あの人はどうだ、この人はどうだ。他人が気になって仕方がないことを気にしているあなたが知っておきたいことがこちら。