ヒント

人生に光が差す「心的態度」の話

人生は長い。良いときがあれば悪いときもある。 大切なのは悪いときの過ごし方。そして意識の持ち方である。人生で不定期に訪れる悪い時期に、「どうせ私は○○なんだ」と自分のためにならない心的態度を持ち続けるなら。悪い時期は悪い時期の...
成功

最高の人生は「今ここ」から踏み出し続ける小さな一歩によって実現できる

「大いなる自分」というものは、本当に小さな毎日の働きを、着実に積み上げていった先にしか存在しないのです。 誇大なイメージに駆り立てられて、一足飛びにそうした自分に到達するような人は一人もいないのです。どんな偉大なことを成し遂げた人...
人生

今の現実はあなたの思った通りではないかもしれない。それは悲しいことではなく

私たちが行うすべての選択の背後に、無数の「捨てられた選択肢」があります。そしてそれらの選択肢のなかには、私たちが今でもかなり魅力的に思うようなものもあるのです。 自分としてはその選択をしたかったのだけれど、周囲の状況などによって不...
人生

年を重ねて自分の衰えや限界を知る。それによって私たちは

老いることも、死ぬことも、人間という儚い生き物の美しさだ。老いるからこそ、死ぬからこそ、たまらなく愛おしく、尊いのだ。 煉獄杏寿郎(『鬼滅の刃』シーズン2−6) あなたが強く自分の「年齢」を意識し始めたのはいつ頃だろうか? ...
逆境

人生を生き抜くために必要な本当の意味での「楽観主義」

賢明な楽観主義とは、「たとえ途中で不運に見舞われたとしても、長期的に見れば物事は自分が望む方向に進むと信じること」である。 長い道のりを歩もうとすれば必ず浮き沈みがある。長期的には右肩上がりに成長すると楽観的に考えながら、その途中...
人生

「まさか」が起こって私たちは気づく。これが予定されていた人生なのだ、と

パパは君に成功してほしい。君が自分の力で成功を勝ち取ることを願っている。だけど、あらゆる成功が努力によるものでもないし、あらゆる貧困が怠惰によるものではないことは知っておくべきだ。誰かを、自分自身を含めて、評価するときは、このことを忘れ...
人生

人生やりたいことをやればいい。まだそれをやれるうちに

若い頃は何をやりたいのかわからなかったのが、いろんなことをやっているうちに、自分はこれをやりたいんだってわかってくる。 だから三十にして立つ、四十にして迷わず、五十にして天命を知る、というのはやっぱり真理なんだと思います。 ...
ヒント

ほんとうにそれはあなたのせい?「自責思考」の問題点

「自分の人生がうまくいかないのは◯◯のせい」 世の中には、全ての原因を自分以外の何かに押し付ける「他責思考」の人がいる一方で、人生で起こる出来事はすべて自分の責任と考える「自責思考」の人がいる。 一般的には、後者の思考を...
人生

「いつか」ではなく「今」やる。その選択があなたの未来を

どれだけ絵がうまくても、どれだけ高尚なテーマの作品であっても、掲載されなければプロとして意味をなさない。ご飯が食べていけない。 逆に言えば、「このレベルが描ければ雑誌に載る」という標準クラスの作品が描ければ、掲載され、原稿料がもら...
ヒント

「間違ったこと」をしているときに悪い事が起こり続ける意味

あくまで仮説だが、私たちはそれぞれの人生で、やるべきこととやるべきでないことが決められていると考えざるをえない。 その証拠に、自分が正しい道。すなわち進むべき道へ進もうとするときは必ず、その道をスムーズに進んでいくための環境が...