成功者は本を読む。読書にはこんな効果があるから

スポンサーリンク

本と美女

読書こそが最高の娯楽であり、最高の投資である。

千田琢哉

成功した経営者の自伝や自己啓発の本を読むとたいてい、

「成功したいなら本を読め」

という話が書かれている。

読書習慣こそが人生を変える習慣であり、それがやがては自分を成功へと導いていく。

そういう話だが、実際に読書を習慣にしてみれば、納得できるところがたくさんある。

スポンサーリンク

読書をするそもそもの意味と価値

読書の本質は、著者との対話だ。

1ページ1ページ本をめくり、著者の主張を理解しようとする。著者の人生を理解しようとする。

それによって、著者から人生成功の秘訣、仕事の知恵、あらゆることを学ぶことができる。

自分の体験だけでなく人の体験からも学ぶことができる。これは人生において大きなアドバンテージとなる。

自分の経験からしか学べないのと、自分の経験だけでなく、人の経験から学べること。この差は果てしなく大きい。

だから、本を読むことが自分を磨き成長させるための自己投資になる。

コスパは間違いなく最強

たかだか1000円~2000円程度で買った本が、100万1000万以上の価値に化ける。

そのことは、読書の効果を実感した人なら、実際に納得できることだと思う。

だからもし、理想的な人生、成功した人生を目指すなら、自分だけの力に頼ってはいけない。

自分だけでなく、人の経験、知識から勉強させてもらう。成功するヒントを教えてもらう。

人生で最高を目指すときはいつも、誰かの力が必要だ。

だから読書が役に立つ。「成功したいなら本を読め」という話には、それなりの理由があるのである。

出典

『一流の人生』(海竜社、2016年)