「したい」と思うことは実現できる。その仕組さえ理解していれば

もう1人の自分を見つめる

何かを強く願うなら、必ずそれを達成する能力を同時に持っているのだ。

願望を持つこと自体が、それをかなえるのに必要なあらゆるものを持っている証拠なのである。

ただ、その願望をいかにしてかなえるかを見つけ出せばいいのだ。

ブライアン・トレーシー

あなたは人生で、どうしても成し遂げたいことはあるだろうか?

もしそれが明確で、具体的にイメージできるなら、あなたに朗報がある。それは、あなたが想像できること。「~したい」と頭に浮かぶことは実現できる、ということである。

私たちの脳は案外現実的である。最初から不可能なこと。したいとは思わないことは、最初から頭に思いつかないようにできている。

ということは、あなたがふと願うこと。してみたいと思うこと。それらはすべてこの世の中で、実現される可能性があることを意味している。

あなたにはできるからこそ、それはあなたの頭のなかからイメージがわいてくる。だから、「これは可能だ」とか「これは不可能だ」とか、わざわざ考える必要はない。

問題なのは、あなたが本当にそれをしたいかどうか、ということだ。

もし本当にそれがしたいなら、それをするための方法を見つけ出せばいい。結局のところ、大切なのはただ、それだけなのだ。

今お金がなかったとしても。時間がなかったとしても。それを実現するための才能も能力もないように思えたとしても。

ただ一歩、前に踏み出せばいい。そうすれば、それが実現されていく過程において、必要なものはすべて手に入る。そして最後には分かる。

「したい」と思えることは、自分自身で実現できることなのだ、と。

目次
出典

『「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!』(ダイヤモンド社、2005年)

もう1人の自分を見つめる
Follow Me