「常勝無敗」は非現実的。むしろほどよく負けた方がいい

調子に乗っている男

大成功したビジネスパーソンも、いつまでもゲームに勝ち続けられるとは限らない。

思いもしない負けがやってくるのは、大抵、掛け金が最大限に膨らんだときだ。それまで千度勝ち続けていようと、一度の大失敗で、すべてを吹き飛ばしてしまうほどの痛手を蒙ってしまう。

成功を過信していればいるほど、ダメージは取り返しのつかないものとなる。

岡田尊司(『誇大自己症候群』より)

「人生は負けることは許されない。失敗はしたくない。失敗すれば人生は終わる」

この記事はそんな不安を抱えているあなたのための記事である。

人生で傷一つつかないような生き方は安全どころかむしろ危険である。程よく失敗し、傷つき、挫折し、等身大の自分と向き合える人生こそが最も順調であり、安全安心である。

はじめに

失敗しない人生、挫折や敗北を味わったことがない人生は危険である。それは成功でもないし、幸運でもない。なぜなら、私たちは失敗や挫折、敗北によって大切なことを学ぶからである。

人生は決して思い通りにならないもの。自分が傷つき苦しむからこそ、今まで「見えなかったもの」が見えるようになる。

だから人生つねに順風満帆。一度も挫折や敗北を経験しない人生は、とてもあやうい。

失敗や挫折の効能

失敗や挫折は私たちを謙虚にする。そして、たくましくする。

自分にできないことがあること、思い通りにならないことがあることを思い知らされ、現実に打ちのめされる。そしてそこからなんとかして立ち上がることによって、私たちは成長する。

「あれがだめならこれができる」と生きていくための柔軟性を身につけ、そして前より強く、しなやかに現実と向き合うことができる。心を縛られず自由に生きることができる。

この繰り返しが私たちを強くし、そして魂を輝かせる。

傲慢の末路は予定調和

しかし、失敗や挫折を経験しない人は違う。

努力すれば報われる。希望は自分の思い通りになる。するとその先に落とし穴が待っている。「傲慢」という名の落とし穴である。

逆風のない人生は人を傲慢にさせる。今までは何らかの幸運が続いただけかもしれない。誰かの助けがあったから人生がうまくいってきたのかもしれない。

しかし傲慢になった人はこう考える。「すべて自分が頑張ったからだ」と。そしてその思い上がりが、それまでの人生全てを台無しにする出来事を引き寄せる。

順調な人生を送る最大の代償

もう一つ、失敗や挫折、敗北を経験しない人生は致命的な弱点を持つことになる。それは、「打たれ弱さ」である。

その弱点は、あなたが年を重ね、人生が順調であればあるほど。そして「守るべきもの」が増えれば増えるほどに、ますます致命的になってくる。

敗北や挫折を経験をしないまま年齢を重ねてしまっうと、どんな小さなことであれ、その失敗が大打撃になってしまうのである。

だからこそ「無傷」という一見輝かしいように見えるその勲章はやがて、恐れや不安に変わっていく。

失敗や挫折は決して不幸ではない

あなたが10代20代で、大きな挫折や苦しみ、失望を味わった経験があるならば、あなたは決して不幸ではない。いやむしろ、長い目で見れば、あなたは幸運な人である。

あなたは若いうちから、倒れても立ち上がることができることを、学ぶことができるからである。そしてあなたは、失敗し挫折し、悩み苦しむたび強くなり、魅力的な人となる。

あなたが年を重ねるたび、あなたはこの意味を理解するだろう。

最後に

人生は負けていい。挫折していい。倒れていい。悩んでいい。それは悪いことではない。「無傷の人生」よりもずっとずっと、いい。

人生はトータルで見てようやく、部分部分の出来事の意味が分かる。

あなたが失敗や挫折にいじけて、卑屈になりさえしなければ、その経験があなたをもっと強くする。あなたをもっと魅力的にする。あなたをもっと素晴らしい場所へと連れていく。

そして、適度につまずき転ぶことはあなたの人生の安全弁である。それは幸運の証である。「あなたの人生は順調です」という。

ここまで読んだあなたにおすすめ

人生最強は七転び八起き。転んでも立ち上がれば最後はめでたしめでたしが保証される