与えられた仕事に全力で取り組む。それは会社のためではない

仕事に夢中な人

会社の大小じゃねぇ。本当に大事なのは、自分と、自分の仕事にどれだけ自信と誇りを持てるかなんだよ。

飯山晴之(『陸王』)

仕事をただの金儲けとか生活のためと考えるか、それとも自己実現と考えるか。それによって人生の幸福度は全く違う。

確かに仕事は生活のためにするものでもある。仕事をしてお金を稼ぐ。だから働かなければいけない。

これは当たり前の話である。そして、生活のために仕事をすることを、誰もバカにすることはできないのは当然の現実である。

仕事の「大」「小」は関係ない

ただし、生活するためのお金を稼ぐこと、それに加えて、ほんの少しだけ想像力を働かせて、この仕事が一体誰のためになっているのか、世界の何を変えているのかを想像したい。

どんな仕事も、そこにお金が発生するということは、そこに価値が発生しているということだ。すなわち、その仕事はこの世界の誰かの役に立っているということだ。

それは、コンビニのアルバイトだろうが、警備員だろうが、大企業の事務仕事だろうが、大小は関係ない。どの仕事が尊くてそうでないとか、そういう問題ではない。

大きさはどうであれ、その仕事がこの世界の誰かの役に立っている。そのことに意味がある。だからこそ、「最善」を尽くすのである。

会社の「大」「小」も関係ない

働く会社が小さかろうが大きかろうが、個人で働こうが、形式は気にする必要はない。

ただ自分の仕事に誇りを持って、精一杯取り組めばいい。仕事に精一杯取り組み、自分の仕事に誇りを持つことができれば、その人生は最高に成功している。

それはたった一度きりの人生で獲得できる、大きな栄誉なのだ。自分のやるべきことを忠実に遂行できる。

それによって、人からどう思われるとか、いくらお金が稼げるとか、そんなことより人として、もっともっと大きな報酬を、受け取ることができる。

それは、自分に対する最大の賛辞と誇りである。

最後に

仕事は仕事。自分に与えられたことをいかに誠実に履行できるか。全力投球できるか。全ての基準はそこである。なぜならそれは自分のこと。

自分が手を抜けば自分を裏切ることになる。誰かを騙すことはできる。けれど自分自身を騙すことはできないのである。

自分がやることに手を抜かず全力を尽くす。そうすれば心から納得できる。「自分はやるべきことをきちんとやる、誠実な人間である」と。

これこそがまさに、自分にとっての最高の報酬になるのだから。

あわせて読みたい

今「目の前」のことをコツコツやる。それが未来の自分のためになる

理想の人生は「今」を全力で生きた先に見つかる

成功者とは「今やるべきことをやる」人である。