忍耐

ヒント

「去年は良くない1年だった」それは決して悲報ではなく

「人生には良いときがあれば悪いときもある」 この言葉は実に使い古された、ありきたりの表現である。しかし、まごうことのない真実である。 人生において長過ぎる春を満喫し続けた人はその晩年で寒く、そして長い冬を迎える。心安らぐ...
ヒント

時によって消極的になるのは吉。積極的に動かない方がいい時期もあるから

人生には本当に不思議な話だが、悪いことは連続してやってくる。 仕事で深刻な問題が発生したかと思えば、次は人間関係の問題が。そこで済めばいいものを、次は自分自身の病気が発覚し、強制的に「ストップ」状態を余儀なくされる。 実...
人生

今そこにある現実がどうであれ、私たちは「泥の中でも咲く花」になれる。

望まぬ運命が不幸とはかぎりませぬ。望みすぎて不幸になった者たちを、多く見て参りました。得たもののかわりに何を失ったのかも分からずに、ずっと欲に振り回され。私は、泥の中でも咲く花になりとうございます。 平時子(TVアニメ『平家物語』...
逆境

人生が花開かないときはじたばたしない。やがて時が来れば

じたばたしたとって、春が来ねえば、へえ花は咲かねぇちゅうこんだ。落ち着いてやるだよ。そうだ。なにもせかせかすることはねぇだ。ゆっくり腰据えて、するだけの事をこつこつやっとれば、それだけのものは、いつか、必ず、身にめぐって来るのだ。 ...
ヒント

人生は成長と衰退の繰り返し。何かを失ってもそれは決して

一つの終わりは新しい始まり。 私たちの人生は一定のサイクルのなかで、成長と衰退を繰り返していく。成長と衰退の過程において、築き上げてきたものがいともかんたんに崩れていくという悲劇的な現象も起こりうる。だがそれは決して悲劇ではな...
ヒント

自分の人生を信じて時を「待つ」。この心構えこそが

人生は晴れの日があれば雨の日もある。 日々上を見上げれば空は曇り、雨がしとしとと降り続く。そして、なかなか太陽の明るい日差しを拝むことができない。 こういったとき、私たちは「明日はきっと良い日になる」という希望を、持ち続...
ヒント

どうにもならないときはほんとうにどうにもならない。ただし朗報は

人生良い時があれば悪い時もある。 「普段の心がけ次第で悪い時が来ないようにすることができます」というなら現実はもっと楽になるだろう。 だが、実際問題、いくら日々注意を払おうと、真面目に、そして誠実に生きていようと。ある日...
在り方

人生の困難を乗り越えるために覚えておきたい3つのこと

困難のない人生はありえない。そして、困難だけの人生もありえない。 辛い苦境を乗り越えた先は必ず、「生きていてよかった!」という現実が訪れる。だからこそ大切なのは決して、希望を見失わないことである。 今目の前の現実がどれほ...
在り方

人生で辛いことがあったときは「1ヶ月」だけ我慢すればいい。

人生は山あり谷あり。 人生がうまくいき時期があり、そして何をしてもうまくいかない時期があるのは、冬の次に春が来て、そして夏が来て秋が来るという自然の摂理そのものである。 人生で悪い時期がやって来ることを完全になくすことは...
逆境

この我慢は意味がある?そんな疑問を感じたら今すぐ

痛みには2種類ある。成長に必要なものとただつらいだけの無益な痛みだ。私は無益を憎む。 フランク(『ハウス・オブ・カード』より) 私たち日本人にとって我慢すること。耐えることは美徳である。 しかし何でもかんでも我慢すればいい...