自分の人生を台無しにしてしまわないための教訓

光をつかむ

2019年、官僚として国家運営に携わってきた男性が自身の長男を殺害するという事件が報道され、世間の注目を集めた。

一体男性に何があってあのような事件が起こったのか?

あくまで第三者のゲスの勘ぐりなので真実はわからないが、この事件の被害者である男性について思うところがあるので、それを語っていきたいと思う。

せっかくの人生を無駄にしないための、貴重な気づきがあると思うから。

父親に殺害された男性の話

ネットで伝えられている情報として、被害者の男性は、加害者である父親から月30万円以上の小遣いをもらい、引きこもって生活していたと言う。

一般的な家庭において、40を過ぎた子どもに毎月30万以上の小遣いを与え、その生活を担保するのは難しいことである。にも関わらずそれが可能だったのは、加害者の家庭に相当な経済的な余裕があったからであろう。

しかし、ネットでイキリちらすだけでなく周囲に対して恨みつらみを重ねた挙げ句「他者に重大な害悪を及ぼす」ことを危惧した父親に殺害された男性の人生を考えると、このことを考えずにはいられない。

すなわち、なぜ人生恵まれた環境を与えられているにも関わらず腐ってしまう人がいるのか?一方で、どんな恵まれない環境のなかで這い上がる人がいるのか?

両者の違いについて、深く考えてしまう。

選択肢は他にもあった

結局問題は、自分が与えられている環境のなかで、どれだけ最善を尽くせるかどうかなのだと思う。

被害者の男性はその生活を完全に親の財力によって守られていた。静かに暮らしていれば、社会に出て働かずとも、天寿を全うすることができたのかもしれない。

twitterで「俺は事務次官の息子だ」とイキリちらしたり、いつまでも母親や世の中を恨み続ける人生を送るのではなく、月30万円の小遣いをもらい続け、建設的なことをするというチョイスもあっただろう。

例えば被害者の男性はいわゆる廃ゲーマーだったようだが、その有り余る時間を生かして、素晴らしいゲームを発見してそれを評価したり、プレイ動画を配信して、好きなゲームの宣伝活動に貢献するという選択肢もあったはずである。

なぜなら男性はお金のことを心配せずに暮らしていける環境が与えられていた。このようなことを書くと不謹慎だが、今のご時勢、そんな特権的な生活ができるのは恵まれているとしか言いようがない。

恨みは結局、我が身を滅ぼす

人生どんな環境でも、自分が与えられた環境を呪い、恨みつらみを重ねて人生を台無しにすることもできるし、自分の置かれた環境なかに最大限のプラスを見つけて、それを人や世の中の役に立てることができる。

どちらを選ぶのか?それはやはり、個人のチョイスなのだと思う。

どんなに恵まれている環境にあっても、完全な親などいない。世界の何もかもが自分を受け入れてくれることなど、絶対にない。人生は思い通りにならないことの連続である。

それでも、その中から光を見つけて、前向きに生きていこうとする努力をすることはできる。「これ以上ないほど最悪」というどん底の中から、光を探すことはできる。

だからこそ、自分がどちらを選ぶのか?

「自分は不運だ。不公平だ」と文句を言い続け、誰かと社会を呪い続けるのか?それとも、「自分はここから頑張っていくんだ。人生で最善を尽くすんだ」と前向きに生きるのか?

現実がどうであれそのチョイスは、自分次第である。

最後に

もし自分が完全に生活を保証され、毎月30万円親から小遣いもらい、24時間好き勝手できる環境が与えられているなら?

何一つ自分の力で手に入れたものはなく、親に庇護され続けるままの人生を生きていれば、確かに屈折するだろう。その状態のままで自分に敬意を抱くことは難しいとは思う。

ただ一つ言えるのは、どんな過去があったとしても、それを引きずり、世の中に恨みつらみを抱き続けたところで目の前の現実は良くならない、という話である。

むしろ、他人に対して邪悪な思念を抱き続けていれば、結局最後に待つのは我が身の自滅。「自分が与えたものが返ってくる」という法則のとおり、自らの邪念によって自らが滅ぶのである。

結局人は傷を負わずには大人になることはできない。無傷で生きることなど不可能である。だからこそ選ぶのだ。「自分がどう生きるのか?」を。

あわせて読みたい

恵まれない環境で育った意味と強み

環境に適応できない者はやがて滅ぶ

家族=幸せとは限らない!家族という環境と影響力についての考察