人生がうまくいかなくなったのは、今の自分を変える必要があるからだ

変化の決意を心に秘めて

最も強い者や賢い者が生き残るのではない。変化に対応できたものが生き残るのだ。

ダーウィン

当たり前かもしれないが、人生は変化の連続である。

どれだけ頑張っても絶対に「もう俺の人生は大丈夫だ」と安心できることはない。むしろ、「もう大丈夫」と安心した瞬間、人生の危機はやって来る。

つまり状況は常に変わっている。

ということは、今人生が最高に上手くいっていたとしても安心できない反面、今人生が最悪に上手くいっていなかったとしても、未来を悲観する必要はない。

スポンサーリンク

人生がうまくいく可能性は常にある!

状況は常に変わっているということはすなわち、今までチャンスに恵まれていなかったとしても、これからチャンスがやって来る可能性があることを示している。

だから大切なのは状況は常に変化していることを自覚すること。そしてチャンスに対して敏感になることだ。

もし次にチャンスがやってきて、「時は今!」と思ったらもう、迷ってはいられない。

状況は常に変わっていく。チャンスがやって来たときに行動した者だけが、チャンスをつかむことができる。

そう、人生が上手くいくようになる可能性は、いつだってあるのだ。

もし今の現実が「期待はずれ」なら

そのために大切なのは、必要に応じて自分を変えていく、心の柔軟性である。

「自分は○○である」と自己規定することもそれはそれでいいかもしれないが、問題なのは人生がうまくいかなくなったとき。

今目の前の状況が変化していて、どうにもこうにも、自分が期待する現実を生きることができていないのなら。

それはもしかしたら、今の自分を変化さえ、新しい自分と出会うタイミングなのかもしれない。

なぜなら、自分を変えることによって、目の前の現実は、面白いくらい変わっていくからである。

最後に

私たちの祖先は、環境の変化に適応しながらこの世界を生き抜いてきた。そして環境の変化は今この瞬間にも起こっている。

今日が昨日と同じような日に思えたとしても、何かが確実に変わっている。

人生も同じである。今までと同じように生きてきて、今の目の前の現実は、自分が期待している現実ではない。

そのことに気づいたら、今の自分を変えていけばいい。結局、変化に適応できることが、人生を生き抜く強さなのだから。

出典

『急成長企業を襲う7つの罠』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2014年)

あわせて読みたい

人生は成長の連続。いつでもどこでも、新しい自分になれる。

人は年を取り成長し、その時々で必要なことを学んでいく

修羅場の経験が自分を成長させる話