「どん底を味わったことがある」という人生最大の強み

眼の前の希望

順風満帆な人生なんてありませんよ。

だけど私には、すべてを失った経験がある。絶望を知っていることが、私の最大の強みなんです。

御園丈治

人生順風満帆で、やること成すこと何もかもがうまくいく。

そんな人生を期待したいところだが、実際のところ、そんな人生はありえない。

なぜなら生きることは苦しみを経験すること。

人生必ず、逆境がやって来る。そして、場合によっては、いわゆるどん底を味わうはめになるからである。

スポンサーリンク

どん底とは自分の力で現実を変えられない絶望

人生なにもかもうまくいかず、「もはやこれまで」と追い込まれたとき。

それ以上もがいても仕方ない。何をどう頑張っても、苦しみは避けられない。

未来に希望を持てず、

「自分の人生はもうダメなのかもしれない・・・」

という絶望感に心を支配され、一歩も前に進むことができない。

文字通り人生が停滞。何一つこれから、人生が良くなる希望は見えないように思える。このときの状態は、言葉で表現できるものではない。

それは、どん底を味わった人でしか知ることができない感覚である。

人生こんな思いをするくらいなら、どん底なんか経験せずに、何もかも順風満帆の方が絶対に楽である。

だから、

「人生でどん底を経験することは無意味だ!苦労なんかするな!」

と言えればいいのだが、ここに人生の妙味がある。

限界まで追い詰められるから覚醒できる真実

人生何かを失えば必ず、何かを得ることができる。どん底まで人生が落ちたからこそ、得られるものがある。

それは、「絶望を知っている」という自信だ。

絶望を味わい、もうダメかもしれないと目の前が真っ暗になる。この経験をしたことそれ自体が、長い人生、何物にも代え難い価値がある。

そしてもう1つ、どん底からはいあがることができたならば、どん底からはいあがったという貴重な経験を得ることができる。

それはきれいごと抜きに、その後の人生を力強く生きていくための貴重な経験になる。

そう、「もうダメだ」という絶望を身を持って知った人は強い。

なぜならガチで人生に追い詰められたとき、生きるための生存本能が強く刺激され、文字通り人として、一皮むけることができるからである。

最後に

どん底に堕ち、人生何もかも希望が見えない絶望を味わう。そしてそこからはい上がる。

それを経験した人間は強い。とてもつもなく強い。底の底が深ければ深いほど、そこから得られるものは果てしなく大きい。

だから人生でどん底を経験したときはいつか声を大にしてこう言えるようになりたい。

「どん底に落ちて絶望を知ったこと。それが私の最大の強みです」

それは紛れもなく、真実なのだから。

出典

『陸王』(TBS、2017年)

あわせて読みたい

挫折を知らないという挫折

すべての挫折と絶望は、行き着く場所へたどり着くための通過点である。

全ては過程。人生どん底でも全てを諦める必要はない