人生で困ったことが起こるのは不幸になるためではない

希望の光に手をのばす

あなたに起こっている「困ったこと」というのは、「あなたを困らせるために起こっている」のではなく、「あなたがよくなるために起こっているんだ」と考える。

起きた出来事は「偶然」ではなく「必然」なんだ。「必然」だとしたら。このとき自分は何を学べるだろうか?

そう考えたとき、起きたことが単なる「困ったこと」から、自分が成功するための、幸せになるための「宝物」に変わるの。

これがまさに「災い転じて福となす」ということなんです。

斎藤一人

人生は山あり谷あり。最初から最後まで、「良い」ことだけを経験することはできない。

ときに思わぬピンチに巻き込まれ、「自分の人生はこれから、どうしたらいいのだろう・・・」と、途方にくれてしまうこともある。

こんなとき大切なのが、考え方である。

スポンサーリンク

「現実」という結果から学ぶ

今目の前の逆境をどう理解するのか。

そもそも、なぜ人生でピンチがやって来たのか。これはたんなる理不尽なのか。

それとも何か意味があることなのか。

現実で起こったことを知ること。それこそが、人生の逆境を乗り越えていく第一歩である。

この意味で、人生困ったことは起こらない。起こることは必然で、困ったことのなかに人生がより良くなるためのヒントが隠されている。

この、災い転じて福となすの教えはまさに人生の至言であり、「実用性」という意味で、最強の言葉である。

マイナスをプラスに変える考え方

人生は良いことばかりではない。悪いこと。不都合なこと。理不尽なこと。嫌なことが、たくさん起こるうる。

ところが、いくら人生悪いことが起こったとしても、そこから必要なことを学んで成長することができれば、すべての悪いことはチャラどころかプラスになる。

だからこそ人生困ったことは起こらない。

人生どん底に落ちたとしても。逆境で心折れそうな日々がやって来たとしても。「災い転じて福となす」の精神で、そこから必要なことを学んでいこう。

それこそがまさに、困ったことを経験する「必然性」なのだから。

出典

『斎藤一人 大商人の教え』(PHP、2018年)

あわせて読みたい

困ったことは起こらない。これが問題を乗り越えていく最強の考え方

逆境は自分を変えるチャンス。自分を変えれば現実も変わる!

ほんの小さな光さえ見えれば、どんな逆境も乗り越えられる