変化が来たら抗わない。これが人生の転機を乗り越えるコツ

変化するイメージ

「結婚を約束していた恋人から、婚約を破棄されてしまった」

「会社から一方的にリストラされてしまった」

「遠方の親が倒れ、介護のために今の暮らしを捨てなければいけなくなった」

人生では突如、逆らい難い変化がやって来る。

それはいわば人生の転機であり運命の転換期。自分がそれを望もうが望むまいが、それは必ずやって来る。

問題は、「何のために」それがやって来るのか、ということだ。

スポンサーリンク

はじめに

私たちは、「こんな人生を生きられたら自分の人生は幸せである」という、人生像を描き、それを実現するために、前へ進んでいく。

その努力は素晴らしいことだし、理想の人生を目指すことによって、自分が成長し、人間的にも経済的にも、あらゆる面で良くなることができる。

ただし、一つ忘れてはいけないのは、人生どれだけ理想を心に描こうと。最高の人生を生きようと決意しても。

すべてが思うがまま。完璧に自分が思い描いた人生を生きることなど不可能な話である。

だから、「人生こうあるべし」という期待値が高ければ高いほど、努力の果てに自分を見失ってしまう。

なぜなら、人生は突如、想定外の変化。抗うことができない出来事によって、人生そのものを見直すことを要求されるからである。

問うべきは「なぜ」ではなく「何のため」

問題はそんな変化がやって来たとき、その意味をどう解釈するか、ということだ。

人生で不可抗力の変化がやって来たとき、

「自分は今まで精一杯、理想の人生を生きるために努力してきた。なのになぜ、こんな邪魔が入るのだろう?どうしてこうも人生は理不尽なんだろう?」

と考えることもできる。

一方で、

「今このタイミングで自分の人生に変化がやって来たのは、一体どんな意味があるのだろう?自分は今、ここで何に気づく必要があるのだろう?」

と、起こった出来事の意味を、冷静に問うこともできる。

何が正解なのか、それは分からない。しかし逆らい難い変化がやって来たら。それはもう避けられない。

正面から、向き合っていくのが自分のためである。

それは自分に何を伝えようとしているのか?

人生で努力を重ね、理想とする人生を実現する。それは人として最高に幸せだし、努力の価値が実感できる素晴らしい人生である。

しかし人生は仕組み的に、何から何まで、自分の思い通りの展開で人生が進んでいくようにはなっていない。

ある日当然、すべての努力が台無しになってしまう。自分の意思に反した道を選択しなければならない。

そんな、逆らい難い変化が訪れる。

問題なのは、ここで投げやりになってしまい、変化が起こった意味を見失ってしまうことである。

確かにそれは自分の期待したことではなかったかもしれない。自分の意思とは全く違う話かもしれない。

でもそれが実際に人生で起こってしまった以上、そこに何か、意味があるのではないだろうか?

最後に

人生はいつ、どこでどうなるか、分からない。

自分が生きたいと思う人生を生きようと必死にもがいたとしても、当然訪れた変化によって、意志の力の限界を実感させられるかもしれない。

でもそれでかまわない。

人生においてどうにも避けられない変化がやって来た。それならいっそ、その変化を受け入れる。そして、「何のために」とその意味を問う。

そうすれば、もしかしたら、そこにこれからの人生において、何か重大な意味を見出すことができるかもしれない。

なぜなら人生で起ることには意味がある。起るべくして起ることは、無意味ではないのだから。