「人生には正解があるはずだ」その考え方が人生を貧しくする

楽しもうぜ

私は長い間、何かをやろうとすると「自分のやることが間違っているのではないか」という強い不安に苛まれてきたのである。

ここには、「人生には正解がある」として、そこから踏み外さないように汲々となっている魂の有り様が浮かび上がってくる。

人は「失敗」と思われる体験からも「成功」に劣らず豊かなものを学んでいく、その意味で、「マイナスは決してマイナスに止まらないのだ」という価値観が私には欠落していたのである。

明念倫子

私たちは無意識のうち、「自分の人生はこうあるべきだ」という思い込みを抱えている。

大学へ行く、就職する、結婚する。「これをすることが人生で正しいことだ、正解だ」という思い込みを抱えている。

そして、「あるべき」人生を見失わないように、今日も必死で生きていく。

スポンサーリンク

人生に「正解」はない

しかし、人生にそんな正解なんてない。

人生こうすべきという生き方なんてないし、そもそも、何でも自分の思ったとおり、人生を生きるできない。

実際、人生は思い通りにならないことだらけである。失敗もたくさんする。そして、正解を追い求めたとしても、それが間違っていたことに気がつく。

考えてもみるといい。

人生ではこれをしなければいけない。あれをすることが正しいことだ。そんなふうに人生を縛りまくっていたら、一体どうやって人生を楽しめばいいのか?

自分で自分の人生を縛らない

人生では失敗する。予想外のことが起こる。先が見えない。だから楽しいのだ。意味があるのだ。経験する価値があるのだ。

すでに正解があって先が見えている。そんな予定調和的人生に学びはない。

結局人生は好きに生きていけばいい。

もし人生に正解があるとすれば、それはしたいように生きること。それこそが人生の正解だと思う。

何はともあれ、自分で人生を窮屈にしないことだ。

出典

『悩むあなたのままでいい』(白揚社、2000年)

あわせて読みたい

人生を変える「起こることはすべて正しい」という考え方

自分の人生に責任を持つ。だから人生がうまくいく

流れに流されることは必ずしも間違いじゃない。それが正解の場合もあるから