夢をキレイゴトで終わらせないために考えたい話

未来に思いを馳せる女性

おやおや、知らないのか?最近では金と力さえあれば夢はかなうのだ。

プレジデント神羅

世の中には、建前というものがある。

言っていることは間違いでないし、かっこいい。しかし本音とは全然違うキレイゴト。

「夢は努力して叶えるもの」というのもその一つだ。

スポンサーリンク

生まれたときから夢が叶う環境が用意されていた幸運

自分の努力次第で夢が叶うなら、人生はどんなに幸せなことだろう。

ところが、現実問題、夢が叶うかどうかは、生まれた環境、経済力、諸々の事情によって左右されるのは否定できない。

特に経済力、お金は、夢を叶える上でとても大切なファクターだ。

実際、成功者として知られる人たちも、その生まれをよく調べると、家庭が経済的に恵まれており、家族から支援を受けて成功した人が案外多い。

彼らは、恵まれた家庭環境を土台にして、夢に挑戦して、成功した。

彼らも努力したかもしれないが、しかし彼らが別の環境にあったなら、また状況も変わる可能性が高い。

つまり彼らは、努力が実るための環境が最初から用意されていたのである。それは否定できない現実の一つである。

叶えられる夢はある。ただし夢を叶えるためには

家が貧乏で、完全独力で夢を叶え成功した人もいるにはいるが、それは確率的には少数派である。

だからこそ、成功者の話を聞くときは、彼らの家庭環境について調べてみると、いろいろ察することができるだろう。

親が政治家だから、親が大企業勤めだから、親が金持ちだから。人生は本人の才能努力関係なく、生まれた環境が有利に働くことが多い。

夢を叶えるにしろ何しろ、そこを抜きにして、本音の話はできない。

もちろん、夢を持つことは素晴らしいことだ。実現できれば、きっと人生は素晴らしいものになるだろう。

しかし、夢をキレイゴトのレベルで終わらせないためには、どうやったら夢を叶えられるか、現実的な視点が必要だ。

「夢がある、ではどうやって叶える?」

そこまでセットで、現実的に考えたい。

出典

『ファイナルファンタジー7』(スクウェア、1997年)

あわせて読みたい

「夢は叶う」と心から信じてまっすぐ突き進む。すると夢は思わぬカタチで実現する。

「もう、これ以上は頑張れない・・・」と夢を挫折寸前のあなたへ

早い話、人生は夢がなくても全く問題がない