努力を努力と思わない、それがこそが才能。

作業に苦戦する女性

本当の才能というのは、実は努力する才能なのよ。

高津耀子

努力は結果を保証しない。しかし、努力なくして成功はない。そこで面白いのは努力に対する意識だ。

死ぬほど努力し、苦労して努力した。そういう努力は案外思うような結果がでなくて、ますます努力がイヤになる。

しかし、努力を努力と思わず、ただ夢中になって取り組んだこと、頑張ったことというのは、素晴らしい結果になることが多い。

スポンサーリンク

努力は意識の持ち方次第!

同じ努力をするにも、意識の持ち方によって、結果はこんなにも違うものなのだ。

だから、「自分は努力してる」とか、「頑張っている」とか、そういう意識があるうちは、多分努力してもダメなのかもしれない。結果を出せない方もしれない。

逆に言えば、努力を努力と感じない、そんな何かを見つけて夢中になることができれば、それが自分にとっての努力しがいのある道なのかもしれない。

「努力してる感」なしにできることを探す

結果なんて考えず、ただがむしゃらに夢中になる。人生でそんな経験ができるのはとても素晴らしいことだ。

夢中になれることがある。ただそれだけで人生は豊かになる。だからしたいことがあれば。夢中になれることがあれば、ひたすらそれを追っていけばいい。

もし夢中になれることがなかったとしても悲観する必要はない。夢中になれることを探すかわりに、努力を努力と感じずに続けられることを探せばいい。

なぜならそれが、結局は自分にとって一番の道である可能性が高いからである。

最後に

努力できることは才能かもしれない。

しかし物事には、「努力している」感じがせずに、自然に続けていくことができることがある。

それこそが人生で自分が本当にやるべきこと。

自分に努力を強制しなければできないことをやめて、自然に無理なく努力している自分に気づけることをする。

本当に努力できることを見つけるために、覚えておきたい話である。

出典

『ボックス!』(太田出版、2010年)

あわせて読みたい

最初の判断が間違いならば、その後の努力はムダに終わる

努力しても結果が出ないとき意識したいただ1つのこと

大切なのは誠実さと勤勉さ。才能や能力がなくても会社人生は何とかなる。