悩みに対する完全な対応策。それこそが「反応しない」という究極奥義

細かいことは気にするな

人は悩みに直面したときに、つい反応して「闘おう」としてしまいます。

不愉快な相手、ままならない現実に真っ向から向き合って、反応して、なんとか変えてみせよう、打ち勝ってみせようと、もがき、あがきます。

しかし真相は、「闘って勝てる」ことは、人生には、ほとんどありません。

あなたがどんな地位や権力や財産を手に入れても、あなたが今以上に「強く」なっても、「ままならない現実」は、いつもそばにありつづけるでしょう。

草薙龍瞬

昔のとある偉い人は、生きることとは苦しみの連続であると、喝破した。

つまり生きている限りは決して、この世で悩まないことはない。何をどう努力しても。生きている限りは常に、何かに悩むのが人のサガである。

お金がないときはお金に悩み、お金を手に入れたら手に入れたで、税務署の税務調査に怯える。

素晴らしい恋人を手に入れたら手に入れたで、その恋人を失うことを恐れる。

功成り名遂げて有名になったらなったで、他者からの誹謗中傷に悩み、ストーカーに付きまとわれ私生活は失われる。

このように、何かを得たら得たでまた、新しい悩みが登場する。

生きている限り、完全に悩みを人生から除去することはできない。だからこそ、人生成功できれば幸せになれる。○○さえあれば幸せになれる。

それはおとぎ話以上に、非現実的な話である。

だからこそ大切なのは、悩みは悩みのまま。その存在を完全に消し去ろうとせず、そこにあるものとして、受け入れてしまうことである。

今すぐ完全に悩みを消し去ることはできない。もしかりに悩みを消し去ることができても、やがては新しい悩みが強制的に登場する。

であるならば、賢いのは悩むとうまく付き合う方法を見出すことである。

生きている限り、気に食わないこと。不安なこと。嫌なこと。苦痛なこと。それがあるのはもう仕方ない。

だからこそ、悩みに即座に反応することをやめること。悩みによって人生を蝕まれないこと。そのための方法を模索するほうが、遥かに現実的な対処法である。

つまり悩みに対する付き合い方。距離のとり方。それを学ぶのである。

そのために大切なのが、悩みに反応してしまわないこと。悩みに振り回され、人生をダメにされないこと。自分を大切にする選択をすることである。

最低限、悩みは消すことよりも大切なのは自分自身の心の反応。そこに気づくことが、本当の意味での心の平和を見出す、第一歩である。

出典

『反応しない練習』(KADOKAWA、2015年)