芽が出るか芽が出ないか、そこにはやっぱり運がある?

スポンサーリンク

運

大成功する人間は、あなたよりも才能があるわけではなく、特別な運に恵まれている場合が多い。

あきらかに才能があるのに、40歳まで開花しない作家もいれば、10代で芥川賞をもらう女の子もいる。それは運なのだ。

里中李生(作家)

運の善し悪しは、確実に成功する確率と結びついている。努力が報われ、結果になるときは、本人の努力のほか、運と呼ぶ何かの力が影響している。

ただ、運で成功出来たとしても、成功し続けることができるかどうかは別の話だ。成功してすぐ消えていく人は、運だけで成功した人だ

一度成功した後、成功し続ける人は、間違いなく実力のある人だ。

実力のある人は、運が悪いときに、コツコツ実力を磨き続けた人だ。誰にも声をかけられず、注目を浴びないときに、密かに自己研鑚を積んだ努力と我慢の人だ。

運が悪く、成功できないときはこう考える。

「今は実力を高めるとき。一発屋で終わらないため、コツコツ力を蓄えるのだ」

時が来れば、それまでの地道な努力が、決してムダではなかったことが分かるだろう。

出典

『「いい人」は成功者になれない!』(三笠書房、2013年)