人生どうしようもなくなったときは、最低限のことだけ考えて生きていけばいい

自分を見つめて

「ずっと夢を追いかけて努力してきたけど、実現できなかった・・・」

「好きな人にはフラれ続け、幸せな結婚ができなかった・・・」

「会社をリストラされてしまい、収入は激減。未来に希望が持てない・・・」

人生はそんな挫折の連続だ。

どれだけ最善を尽くそうと、ベストを尽くそうと、なんともしがたい不運によって、人生がどん底に落ちてしまう。

そういうことが実際にある。

スポンサーリンク

人生で挫折する意味

人生が上手くいかなくなったときに大切なのは、考え方を縮小していくことである。

人生再逆転を狙って大勝負を挑むこともできるが、それはおすすめしない。むしろ、人生が上手くいかなくなってしまったときは、すべての物事を見直して、不要なものを切り捨てていく。そして身軽になることが大切である。

つまり、最低限あなたのこれからの人生において本当に必要なものは何なのか、それを見つめ直すことが肝心である。

この作業は、人生が順調に行っているときは決してできないことである。

これから自分の人生がどんどん素晴らしくなっていくはず。そんな期待を抱いているとき、あれやこれ、不要なものを捨てることなど決して考えつかない。

しかし、人生の先行きが怪しくなっているときは、いろいろ冷静になって、謙虚に物事を見つめ直すことができる。

ここに実は、人生挫折する意味がある。人生成功だけでなく、失敗する必然性が隠されている。

必要なもの 必要がないものに気づく

なぜ人生が山あり谷ありなのか。

それは、人生上手くいくだけでは必要なことを学べないからである。人生が上手くいき、そして人生が上手くいかなくなる。

その繰り返しによって私たちは、私たちの人生において、本当に必要なものは何なのか、そして必要がないものは何なのか、見直すチャンスを与えられる。

それよって最終的に私たちは、それぞれ自然なカタチで、自分に相応しい人生を作っていくことができる。

だから人生挫折するのも、それ相応の必然性があってこそのものである。だから、人生挫折して詰まったときは、大勝負を挑んで「挽回」を狙うよりも、内省重視。

これからあなたの人生において必要なものは何なのか?逆に、もう必要でなくなってしまったもの何なのか?

じっくり「断捨離」していくことが大切である。

人生を選び直すということ

私たちは普段何気なく生きていき、そしてそれにともない、いろんなものを増やしていく。

すると気づかないうちに、だんだんと背負うものが増えすぎて、背負う必要がないものまで、背負ってしまう。

その結果、しがらみにとらわれて、自分自身であることを忘れてしまう。

しかし人生で挫折すれば、何かを失うかわりに、また新しく人生をやり直すことができる。そこで、今まであなた背負ってきたもの、そしてこれから背負いたいもの。

それをじっくり考えた上で、あなたにとって最善の選択を「選び直す」ことができる。この意味において、挫折は楽しくないかもしれないが、絶対に必要な過程なのだ。

だからあなた今人生で挫折して悩んでいるとしたら、ぜひこのことを覚えておいてそんはない。

すなわち、

「今自分は人生をより良く、やり直すチャンスを与えられたのだ」

ということを。

挫折をしない危険性

人生で挫折することは決して恥ずかしいことではない。むしろ、人生で一度も「詰んだ」ことがない人の方がある意味危険である。

挫折を経験しないまま40歳50歳になったとき、たった一度の挫折が致命傷になるのはこのケースだ。

だから、「積極的に挫折した方がいい」とまでは言わないが、人生は挫折続きの方がむしろ運がいい。

前へ進み転ぶ。そして起き上がりまた前へ進んでいく。そうやって必要なタイミングで軌道修正ができる人は最強に運がいい。

逆に、何事もなく前へ進み、ある程度の段階に達したところで一気に挫折してしまう。その方が辛い体験になるのは間違いない。

適度に挫折を経験している人は、その辛さを乗り越えるための耐性がついているが、挫折に耐性がない人にとっては、その一度の挫折が驚くほど強烈なダメージになってしまう。

人によっては、文字通り、それが致命傷になってしまう。

この意味であなたに強くお伝えしたいのは、今あなたが人生で挫折したのは不運なことではない。逆に、それはもしかしたら、幸運なことなのかもしれない。

人生で起こることには意味がある

物事がうまくいかない。人生が思い通りにいかない。

感情的にはいろいろ辛いものがあるかもしれない。納得がいかないかもしれない。しかし、人生で起こることにムダはない、というのも真実だ。

失敗して転ぶ。そして起き上がる。その過程で、あなたの人生はより洗練され、より望ましい方向へ行くチャンスが与えられている。

そう考えれば、「なぜ今挫折する必要があったのか?」という隠された理由に目を向けることもできる。

そして、そこから必要な答えを見つけることができれば、あなたは挫折した苦しみ以上のプラスを見出すことができる。

それは探そうと思えば必ず見つかる。そして、人生でマイナスがやって来たときは必ず、それ相応のプラスを手に入れることができることに気がつく。

この意味で人生は公平である。大切なのは必要なことに気づくこと。

人生で転んだら、もう一度足元を見つめ直してみればいい。そして「これでいい」と思う方へまた、進んでいけばいい。

結局のところ、それが一番大切なことなのだから。