人生の試練とはいわば「成長の機会」である。

自分の足で立つ男

試練を、絶好の成長の機会としてとらえることができる人、さらには、人生とは心を高めるために与えられた帰還であり、魂を磨くための修養の場であると考えられる人。

そういう人こそが、限りある人生を、豊かで実り多いものとし、周囲にも素晴らしい幸福をもたらすことができるのです。

稲盛和夫

人生とは何か。

それを一言でいうと、自分の人格を磨くための旅である。

人生で経験することはすべて、自分の成長にとって必要不可欠な糧であり、人生で経験することを通じて、私たちは人間的に成長することができる。

それは、いかに経済的に成功するか、社会的名誉を得るか、そんなことよりもはるかに大きな意味があり、人としていかに豊かになったか、成長したか。

そこに人生の本当の価値を見出すことができる。

「欲」を素直に尊重する

とはいえ、人にはそれぞれ成長段階がある。成長の段階におうじて、必要な経験は変わってくる。

だからもし今あなたがお金がどうしても欲しいなら、それを必死に求めればいい。もしあなたが社会的地位を必要としているなら、それを必死に求めればいい。

あなたの欲しいものが何であれ、今欲しいものを必死になって追い求める。その過程でしか経験できない学びがある。

つまりは、今あなたが必要としていること、手に入れたいと思うことを必死になって追い求めること。それ自体があなたの人間的成長に必要なことである。

欲しいものは手に入れる!

だから人生では必死になればいい。

欲しいものを手に入れようと欲にまみれてもいい。1つ1つ人生で必要な経験を通じて、自分のペースで人格を高めていけばいい。

最終的には何を経験しようとも、それが自分の人生で必要なこと。そう考えれば、人生何があっても、決してムダにはならないだろう。

自分の成長段階に応じて、一つ一つ、試練をクリアしていけばいいのである。

最後に

人生は自分の心を磨く旅。

それであるなら、経験すること一つ一つ。無駄にすることはできない。それは自分の人生の試練であると同時に気づきの機会である。

人は一つ一つ、心の階層を登っていくたびに、人として一皮むけ、成長することができる。ひとっ飛びで大きく成長することはできない。

すなわち、今やって来ている試練は今の自分にぴったりの試練。絶好の成長の機会と考えて、自分のペースで学んでいけばそれでいい。

ようは、少しでも前に、進んでいけばそれでいいのだ。

出典

『「成功」と「失敗」の法則』(致知出版社、2008年)

あわせて読みたい

人生すべての経験をムダにしない「解釈力」

人は人、自分は自分。幸せを人と比べる必要はない

人生不安なら不安で大丈夫。暗闇の先に本当の光が見えるから