何があってもあきらめないこと。それが成功の絶対条件

成功をつかむ

人間は弱いもので、困難に遭遇するとそれに正面から挑戦することなく、すぐに言い訳を考え、逃げ出そうとします。

しかし、それでは決して成功できません。

どのような厳しい状況にあっても、それを正面から受け止め、誠を尽くし、誰にも負けない努力を続けることが、成功するためには必要なのです。

稲盛和夫

人生で成功するために絶対に必要なもの。それはくじけぬ心だ。

基本的に人生は自分の思うとおりにはならない。努力しようが最善を尽くそうが、残酷な現実に打ちのめされることも多々ある。

そこで「もうダメだ」と諦めてしまえばそこまで。成功を手にすることはできない。成功はその先、更に進んだところにある。だからどれだけ頑張ろうが、あきらめてしまった時点で、成功する可能性は消えてしまう。

逆に言えば、何があっても最後の最後まで頑張ることができれば、成功は約束されたも同然だ。人生は諦めないものを祝福する。だからこそ成功するためは、折れない心が絶対に必要なのだ。

どんな厳しい状況にあっても諦めない。むしろ状況が悪くなればなるほどますます努力する。そんな諦めの悪い者が、最後には成功する。

だから人生成功したい。これだけは実現したい。そんな気持ちがあるならば、何があってもあきらめてはいけない。あきらめなければ、成功の可能性は常にあるのだ。

出典

『「成功」と「失敗」の法則』(致知出版社、2008年)