成功できない人生は無意味ではない話

自分らしく生きていこう

人生においては、「勝者」の一方に、必ず、「敗者」があり、「成功」の一方に、必ず、「失敗」があります。

そして、人生においては、その「勝利」や「成功」が、ほんのわずかの偶然で、手許から逃げていってしまうことも、しばしばあります。

田坂広志

世の中では、成功を心を描き、前向きな意欲を持ち続け、行動し続けることによって成功できるというメッセージが語られている。

それを信じて前向きに努力していくことで、実際に成功できることも、確かにある。

この意味で、人生で成功を求める人にとって、このメッセージはまさに心の励まし。価値があるのは間違いない話である。

スポンサーリンク

成功は何一つ約束されていない

しかし。

あなたも気づいているとおり、人生、心に成功を描き、前向きに努力しても、成功できないこともある。

むしろ、努力に努力を重ねても、その先に待っているのは、ただただ失望だけ、という、厳しい現実もある。

だからこそ忘れてはいけないことがただ一つ。

私たちは自身の人生で成功を求め、前向きに努力することはできる。それによって成功できる可能性はある。

しかし結果は何一つ、約束されていないのである。

ほんの小さな出来事で、すべての努力がムダになる

「努力すれば、必ず成功できる」

もしそうであれば、人生は確実に生きやすくなる。

頑張れば頑張っただけ結果を出すことができる。成功することができる。

それならただ、自分がすべき努力をすればいいだけで、頑張れば頑張るほど、より良い人生を実現できる。

ところが、現実は不思議なことに、努力を重ねたにも関わらず、ほんの小さな出来事によって。たった一つのミスによって。

すべての努力が台無しになってしまう。そんな理不尽なことが起こりうる。

人生は努力だけは成功できない。その真実から目をそらすことはできないのである。

大切なのは成功できなかった意味

人生で成功を目指すことはできる。ただし成功は約束されていない。

問題なのは、人生全力で努力したにも関わらず、成功することができなかった。そのときに、自分を支えることができるのか、という話である。

成功を目指して努力する。欲しいと思うものを手に入れようとする。この前向きな姿勢は、人として尊いことは間違いない。

だからこそ自分に問いただしたい。

もし自分が最善を尽くして努力したにも関わらず、すべての努力がムダに終わったとしても、自分を支えるものを持っているか?

努力してもうまくいかない。成功できずに失敗してしまった。

そのとき、自分を支えることができるものがなければ、生きることに絶望し、何もかもが無意味になってしまう。

ここに、「努力すれば、必ず成功できる。理想の人生を生きることができる」という、自己啓発の罠がある。

最後に

人生で成功は何一つ、約束されていない。

それでもなお、自分が生きていく意味は何なのか?何を大切にして生きていくべきなのか?

それを考えることは、成功を手にすること以上に、人生において重要な意味を持つ。

成功できればそれはそれで素晴らしいかもしれない。

しかし、成功できなくても自分の人生に意味があるか?思い通りに成功できなかった自分の人生は無意味なのか?

まずはその答えを、真剣に考えたい。そこにこそ、人生で成功する以上にもっと、大切なことがあるのだから。

出典

『逆境を越える「こころの技法」』(PHP文庫、2017年)

あわせて読みたい

成功したいなら、自分を変えるな。

人事を尽くして時節を待つ。これがすべての逆境を跳ね返すコツ

逆境のときこそ臥薪嘗胆。これがピンチをチャンスに変える幸運習慣