本当の意味で自分の人生が始まる瞬間

光

文学に目覚めることが不幸なことか、幸福なことなのか、私には分からない。

一つだけ確実なことは、人間としてこの世に生まれて来ることは、最大の不幸である。

そう気づいた時から、人は作家になろうとする。

車谷長吉

「きっと自分の人生はいいことがある」

「自分は特別な人間だ」

誰もが一度はこのように思う。人生へ何らかの期待を抱き、人は将来を夢見る。

しかし、年を取るにつれ、人は夢を失い現実に膝を抱えるようになる。収入、社会的地位、名声、健康・・・etc。

30歳にもなれば、否が応でも「人生の現実」と向き合うことになる。

スポンサーリンク

人生の現実

多くの人は、若いころ自分が抱いた夢や希望が消え去り、不幸に思える人生と向き合う。それは苦しい経験だが、そこからが本当の人生の始まりである。

ある作家は言う。「人生はそもそも苦しみだ」と。

人はこの世に生まれ、日々死へと向かう。どんなに富があっても、出来ることには限りがある。どんなに頑張っても、最後の最後で失敗することがある。

この地上という舞台が、そもそも挫折や失望、苦しみに溢れている。周りを見渡せば、その証拠は探そうと思えば簡単に見つかるだろう。

ポイントは人生に期待しすぎないこと

だからこそ、この世を生き抜くためにはバラ色の人生を期待するのではなく、現実を見て、考え方を変える必要がある。

不思議なことに、人生の苦と向き合った先、人は人生の味わい深さを感じることができる。それが人生の面白いところだ。

そして、人生は案外捨てたもんじゃないことに気がつく。そう、自分の人生はこれでいい。人は人で自分は自分。

それを納得できるかどうか。それが結局、一番大切なことなのだ。

最後に

人生はある意味、自分が若かりし頃抱いていた幻想がすべて打ち破られた瞬間、本当に始まる。

期待どおりの人生を生きていない自分。不満だらけ。苦しみだらけの現実がある自分の人生。それでもなお、どのように生きていくのか。

現実と向き合った瞬間、本当の意味で人生は開眼する。そこからが、本当のスタートである。

出典

『人生の四苦八苦』(新書館、2011年)

あわせて読みたい

「○○しなければ不幸になる」そんな脅しにだまされるな

困難の多さは不幸の証明ではない。なぜなら幸せは

不幸なときこそ意識したい人生を上向かせる心の持ち方