人々

人間

口癖とは、その人の「情報」である。

「でも」「だけど」「だったら」・・・相手の意見に批判的な「D言葉」ともいわれます。 自己愛が強く、プライドが高いのですが、自分の殻に閉じこもるタイプでもあります。 神岡真司 口癖とはその人の性格を端的に示す真実である。 ...
人間関係

新しい出会いを社交辞令で終わらせるのはもったいない

もしかしたらあなたも実感しているかもしれないが、大人になると新しい友だちを作るのは難しくなる。 名刺交換をして、「知り合い」を作ることはかんたんだ。 名刺の数を増やすだけなら、いろんな勉強会や交流会に参加して、ひたすら名...

人を大切にすれば運がやってくる理由

運というものは雨降り風吹き自然が持ち運んでくるものではない。運を運んでくるものはほかならぬ人の世であり人間である。 その人間のひとりひとりに好感を持たれることは、必ずそうなると保証はできないが、少なくとも運に似た優しく暖かい風...

出会いで最も大切なこと、それは「巡り合わせ」

ご縁という言葉がある。 これは人と人との巡り合わせの大切さを適切に表現した、とても便利な言葉だと思う。 ご縁があれば何があろうとご縁がある。ところが、ご縁がなければ、何をどう頑張っても、その人と人生がつながることはない。...
処世

なぜ、人からの評価がアテにならないのか?

人が人に対して行う評価は、あまりあてになりません。 だからもし誰かから低い評価を受けたとしても、「この人は自分のことをこんなふうに見ているのだ」という程度に受け止めればいいのです。 高い評価をもらえるように努力することは大事...

去ってしまった人は「役割を終えた人」である。

人と人が出会うとき、そこには必ず理由がある。 その人と出会うことで経験できる何かがある。それを経験することが、自分の人生にとって必要不可欠であり、その人と出会うことによって、自分の未来が変わっていく。 そして、その役目を...

会いたくても会えなくなってしまった。その事実が意味すること

人間関係は出会いと別れの連続。人生が進み、成長を重ねていくごとに、その都度その都度、人間関係は自然と入れ替わっていく。 そのなかで、自分のステージと同じ段階にいる人や、まだ人生で縁がある人とは縁がある限りにおいて会い続けること...

巡り合わせが悪いのは出会う必要がない証拠。必要があれば必ず出会うべき人と出会うから

人は人生で出会うべき人と出会い、そしてそこで必要なことを学んでいく。人が出会うということは何らかの必然性があり、出会う意味がある。 逆に言うと、出会うべき必要がない人、出会って関係を深める必要が生じない人とは、いくら意図を持っ...
幸福

結局、人は一人では幸せになれない

人は人とのつながりの中でしか、人は幸福になれない。結局、人間とは、一人では幸せになれないのである。 他者とのつながりこそ、幸せの源泉であり、その部分を育てることなく、いくら学力や技芸を磨いたところで、幸福な人生を手に入れるための役...

「あの人のところへ帰りたい」そう思える人がいる人は幸せだ

僕の帰るところは君のところだけさ。 アヴナー 人生の本当の宝とは、富や名誉、権力などではなく、人間関係だ。 大切な家族、恋人、そして人生を語り合う親友。素晴らしい人間関係は決してお金では買えないし、一朝一夕に手に入れられる...