考察

なぜ恋で自分の人生をぶち壊してしまうのか?

性慾というものは怪物である。人間が生きているかぎり、それはどこかにひそんでいる。 若いときにはあまりに顕在的に、老いてはあまりに潜在的に。生存力、それは性慾の力といってもいいかも知れない。 食慾は充たされなければならない、こ...
ヒント

人生ことあるごとにつまづいてしまう。これは不幸なことではなくむしろ

人生では何もかもトントン拍子にいく人と、人生ことあるごとにつまづく人がいる。 一般的には前者の人をツイてる人、幸せな人と考えるかもしれないが、実際はそうとも限らない。 長い人生に置いてはむしろ、つまづき続けた人の方が、最...
ヒント

人生は完璧より不完全な方がいい。なぜなら

「人生何もかもうまくいく。すべて幸せで完璧。そんな人生を送れたら、どれだけ素晴らしいことだろう」 もしあなたが、何もかも手に入れること。完全に満たされる状態こそ幸せであり成功であること。「完璧な人生を送ることこそが最上の幸せ」...
幸福

成功できれば幸せになれる。そう信じているうちは決して

成功と幸福とを、不成功と不幸とを同一視するようになって以来、人間は真の幸福が何であるかを理解し得なくなった。 自分の不幸を不成功として考えている人間こそ、まことに憐れむべきである。他人の幸福を嫉妬する者は、幸福を成功と同じに見てい...
人生

人生がうまくいく人とうまくいかない人。そのシンプルな違いとは

コツコツやると憂鬱になる人がいるんです。 神様はね、憂鬱な人が嫌いなんですよ。だから、虫のいいことを考えてね、好きなことをコツコツやりなさいと。 しかし、自分の仕事をさぼっては駄目だ。普通の仕事は人一倍やりながら、内発的にや...

恋は落ちるもの、愛は愛するもの。この意味で運命の人とは

運命の人は存在しません。運命の人がいるのではなく、この人は運命の人だと決めるというのが本当です。 岸見一郎 誰かと出会い、恋に落ちる。これは極めて自然発生的なことであり、朝が昼になり、そして昼が夜になるのと同じである。 つ...
ヒント

「人生に正解はない」と気づくだけで、もっと自由に生きることができる

毎日が息苦しい。将来のことを考えると、なぜか、得体の知れない不安におそわれて気持ちが暗くなる。 その原因は、「人生の正しい答えは1つしかない」という正解主義である。 例えば学校へ行く。そして良い学歴を手に入れる。 ...
運の話

「運の良さ」は確率論で考えると分かりやすい

世の中には、運がいい人と運が悪い人、2種類の人がいる。 運がいい人とは早い話、何をするにもうまくいく確率が高く、何かに失敗したときでも、それが最悪の事態につながっていかない。 だから何かにつけて成功しやすく、結果として、...
ヒント

人生が変わる瞬間、それをクリックモーメントと言う。

人生にはまさに、「その選択をすれば人生が変わる!」という、決定的な瞬間がある。その瞬間のことを、クリックモーメントと言う。 あなたが「人生が変わる」という言葉に敏感なら、この言葉の意味を理解しておくことは、文字通り、あなたの「...

運を追えば逃げられる。この意味で運を良くする秘訣とは

運を活かすとは、追いかけるのではなく手繰り寄せ、呼び込むことです。夢も恋も追いかければ逃げていくものです。 それだから、追いかけているうちが華ともいえるのですが、独り勝手な一方的なエネルギーはいつまでたっても回りません。 と...