考察

全般

「不幸は平等に訪れる」本当の意味

「不幸は誰の身にも平等に訪れる」という話の本当の意味。この話を読めば、人生恵まれている人が本当に幸せなのか。新しい見方ができる。
ヒント

手に入らないものは手に入らない。そこで大切なのは執着より柔軟性

長い人生損しないために覚えておきたい法則。それがこちら。「人生において必要なものは手に入るが、必要がないものは手に入らない」
一般論

他人をディスる1つのメリットと10のデメリット

他人をディスる行為は百害あって一利なし。他人をディスっていると、人生がめちゃくちゃになる可能性があることに気づく話。
ヒント

いい予感がするときはいつも正しい

人生には良い流れがある。その流れに乗っていくことこそが、人生開運する大切な秘訣。では良い流れが来ているときはどんなときなのか?そのサインがこちら。
幸福

困難の多さは不幸の証明ではない。なぜなら幸せは

人生困難続きのなか、なんとか幸せをつかもうと生きようとするあなたに送りたい言葉。幸せは不幸の顔をしてやって来る。人生に困難が多いからといって、その人生がほんとうに不幸とは限らない。
人間

人を見た目で判断できる真実

「人は見た目で判断してはいけません」が間違っている理由。人の性格は顔にでる。どれだけごまかしても、やがてそれは露出する。生まれつきの容姿は関係ない。年齢ともともに、内面が表情に現れる。だから「人は見た目で判断できる」と考えた方が正しい。
目的

生きるに値する人生を生きる。それがこの世に生まれた意味

何のために自分という人生を生きるのか。それは、自分がこの世を生きるに値する人生を生きるため。自分にとって一番正しい道は、自分が一番知っている。その道を進むことによって、自分という人生を生きる、本当の意味を見つけることができる。

なぜ恋で自分の人生をぶち壊してしまうのか?

人が誰かを好きになる。恋することの向こう側には、生きることそのものの、本質的な理由が隠れている。それは未来を作る一方、自分自身の人生を台無しに壊してしまう恐ろしさを秘めている。
ヒント

自分の人生に責任を持つ。だから人生がうまくいく

自分で人生を変えるために大切なこと。人生の責任はほかでもない、自分にある。こう考えることで、自分で人生をより良くするための努力を始めることができる。
ヒント

人生ことあるごとにつまづいてしまう。これは不幸なことではなくむしろ

人生トントン拍子にいかず、ことあるごとにつまづいてしまうあなたにおすすめ。人生でつまづくのは必ずしも不幸なことではない。むしろつまづくからこそ、大切なことに気づくことができる。そして、将来の不幸を避けることができる。