考察

ヒント

「一番欲しいもの」が手に入らない理由はこの視点で説明できる

世の中には、なぜか自分が欲しいものを手に入れることができない人がいる。たいして欲しくないものならいくらでも手に入るのだが、「これが欲しい!絶対に欲しい!」と強く強く願うことに限って、手に入れることができない。 ここではその深層...
ヒント

「おかしい」と感じたときは、自分の直感を大切にする。

私たちはいともかんたんにだまされる。 「何かヘンだぞ?」と感じていても、自分の感覚を信じることができずに、直感を「気のせい」にしてしまう。しかし本当は知っている。 「おかしい」と感じたことはやはり何かがおかしいのである。...
全般

タイミングはここ!人生が変わる7つの兆候

面白いことに、人生が変わるときというのは、かならず「これから人生が変わっていきます」という兆候を確認することができる。 その兆候に気づかないと、突然の変化にとまどい、変化が起こる意味について正しく理解することはできない。 ...
全般

人生にはサイクルがある。つまり一つの終わりは一つの始まり

私たちはこの世界に生まれ落ち、様々な出来事を経て老い、やがてこの地を去っていく。 その人生は十人十色。 誰一人として同じ物語を紡ぐことはないが、形は違えど一つだけ、共通している点がある。それは人生にはサイクルがある、とい...
一般論

小さな行動を見ればその人の「人間性」が分かる話

世の中にはいろんな人がいる。いい人もいれば悪い人もいる。信用できる人もいれば、信用してはいけない人もいる。 結局すべてはその人の人間性の問題であり、良い人間関係を築くためには当然、自分自身の人間性を高めると同時に、その人がどん...
全般

「不幸は平等に訪れる」本当の意味

人生を生きていく上でまっとうな感覚を持っているなら、自然に到達する一つの結論。それが人生は平等ではないという現実である。 世の中にはどう見ても不幸続き。人生「超」ハードモードの人生を生きざるをえない人がいる一方で、本人の努力や...
ヒント

手に入らないものは手に入らない。そこで大切なのは執着よりも

人生には覚えておいて損がない法則がある。 それは、「人生本当に必要なものは手に入り、必要でないものは手に入らない」という法則である。 この法則を覚えておけば、いたずらに何かに執着して、自分にとって本当に大切な何かを見失う...
一般論

他人をディスる1つのメリットと10のデメリット

世の中には他人をディスらずにはいられない人がいる。 なぜ彼らはいつも誰かの悪口を言って、人を貶めずにはいられないのだろうか? 人がやる行動には必ず、目的がある。 そこでこの記事では他人をディスるメリットとデメリット...
ヒント

いい予感がするときはいつも正しい

人生にはいわゆるラッキーチャンスがある。 そのチャンスをつかめるかつかめないか。それによって、今後の人生の展開が大きく変わっていく。 だからこそ大切なのは、ラッキーチャンスを逃さないこと。そのために大切な話がこれだ。 ...
幸福

困難の多さは不幸の証明ではない。なぜなら幸せは

困難の多い人生が、不幸な人生とは限らない。 幸せのカタチは無限にある。 レイチェル・ドレッツィン 私達は、何もかもが思い通りになる人生。 欲しいものが手に入り、好きな人から愛されて、何の困難のない人生こそ、幸せな人生...